日本酒 出羽桜(でわざくら)

日本酒FAN!

-山形県の日本酒- 出羽桜(でわざくら)

日本酒が好きだ!美味しい地酒が飲みたい!毎日の食事とともに日本酒をもっと楽しみたい!
日本全国には数々の銘柄、種類の日本酒があります。こんなにも味わい深く、こんなにも歴史があり、こんなにも個性が違う日本酒たち・・・。
このひとつひとつに造り手の苦悩と努力の物語があります。美味しい日本酒にめぐり合えたとき、日本人に生まれてよかったと思う瞬間でもあります。
最近では、海外でも日本食とともに「SAKE」が注目されています。日本食とはもちろんですが、日本酒は海外の料理とあわせてもおいしい!
食中酒がワインに取って代わる日もそう遠くはないかもしれません。
また、日本酒・酒粕に含まれる成分は健康・美容によいことも研究されています。実はワインや焼酎よりも健康によいといわれる日本酒。
さまざまな可能性がひろがっています。
日本人の主食である”米”を原料とした、まさに「日本の酒」。
この世界に誇る日本酒、まだまだ大きな可能性を持っているこの日本酒を、日本人としてもっと知り、そしてもっと楽しみましょう!
数え切れないくらいある日本酒の中に、きっとあなたの好みに合う一本が見つかるはずです。

TOP>都道府県で探す>山形県産の日本酒>出羽桜(でわざくら)


出羽桜(でわざくら)

全国新酒鑑評会金賞 H26 H25 H24 H23 H19 H18

米どころとして知られる山形県村山盆地の一角にある蔵元は、その創業も明治25年(1892)と古く、昔から地元の人々の間では親しまれてきた地酒である。現在もその6割が山形県内で消費されるという。
酒づくりに使用される仕込み水は最上川の支流である立谷川の伏流水。また、地元産の酒造好適米にこだわった酒づくりもこの蔵元の特徴。酒の特性に合わせて出羽燦々、美山錦、雪化粧といった米を、杜氏の経験や勘を生かしつつ、これまで蓄積してきたデータと照らし合わせながら絶妙にブレンド。こうしてつくられて出羽桜は最近の山田錦一辺倒な酒とは、また違った独特の風味を楽しませてくれる。

出羽桜 大吟醸 万禮 1800ml 11,750円
全国新酒鑑評会用に醸された大吟醸酒の雫採りを-5度で3年間低温熟成させた特別限定の大吟醸です。
出羽桜 「雪漫々」大吟醸 1800ml 5,739円
山形県でいち早く吟醸を手がけ、その象徴として長年人気を持続する限定酒です。
香りが上品で飲みやすい吟醸のお手本のような味わいです。
出羽桜 オリジナル大吟醸 1.8L 5,250円
出羽桜で最高峰の大吟醸酒。 オカリナの音色の様に、 優しく豊かな味わい。
出羽桜 純米大吟醸 「愛山(あいやま)」1800ml 4,935円
出羽桜酒造 出羽燦々(でわさんさん)純米吟醸本生 1800ml 2,900円
出羽桜の特徴であるほんのりとした甘みに出羽燦々ならではのふくよかな味わい、 清々しい吟醸香に、加熱一切なしの本生ならではのフレッシュな口当たりが絶品です。
出羽桜酒造 辛口吟醸酒 泉十段 1.8L 2,730円
日本酒度+12度、ドライな咽越しが特長の大辛口吟醸酒です。
しっかりした味があり、飲みごたえのある旨味とコクを楽しめます。
数字が示す辛さよりも、ややマイルドな感じがしますが、咽越しはとてもスッキリしています。
また、林檎によく似た独特の香りがしますので、飲む前に香りも楽しんでいただければと思います。
爽やかな香りと爽快な咽越し。個性的な一本です。
出羽桜酒造 出羽桜 山廃 特別純米 1800ml 2,730円
山形の銘酒蔵出羽桜酒造が、蔵初の試み、山廃仕込みにチャレンジ。
「山廃の新境地」を目指し、五味豊かな「複雑な味わい」と出羽桜らしい「美しいキレ味」を表現しました。
山廃らしい柔らかい酸が全体を引き締めています。
出羽桜 桜花 吟醸酒 1800ml 2,550円
吟醸酒の普及に貢献した、地酒界を代表する標準的吟醸酒。
果実味あふれる吟醸香とふくよかな味わいが特長です。
出羽桜 一耕 (火入) 特別純米 1800ml 2,480円
「一」は始まり、「耕やす」は文化。
農業、 そして純米酒こそが酒の起源。
大地の温もりが感じられる、やわらかな味わい。
出羽桜 純米酒 出羽の里1.8L 2,468円
出羽の里100パーセントの純米酒
山形が開発した新世代を開く酒米「出羽の里」
雑味成分が少ない革命児、出羽桜酒造
出羽桜 (でわざくら) 本醸造 1800ml 1,890円





日本酒FAN! TOP

おすすめの日本酒

銘柄で探す

都道府県で探す

種類で探す

キーワードで探す


酒器

酒の肴

酒粕・その他


Copyright (C) 日本酒FAN!All Rights Reserved