焼酎story

焼酎の酒器 カラカラ

焼酎storyでは、全国の焼酎蔵の歴史や銘柄の成り立ちなどをご紹介します。
芋・麦・米・黒糖・そば・泡盛・・・焼酎には全国にたくさんの種類と銘柄があります。
あなたの好みの銘柄・蔵について、より知識を深め、興味を広げていただくきっかけとなれば幸いです。

カラカラ

胴が丸餅型で、安定感のあるフォルムが沖縄のカラカラの特徴。一説に、酒飲みの僧侶が絶対に倒れない酒器を作ったのが始まりだといわれている。この酒器が評判になって、人々が「貸せ貸せ(からぁからぁ)」と言ったという説や、中に陶器の玉が入っており、酒器が空になるとカラカラ鳴るからという説など、名前の由来はいろいろある。 16世紀半ばには鹿児島に渡り、晩酌のときに、囲炉裏端で使う千代香に対し、カラカラは宴席で使うことが多い。